1月14日 ¥500値下げ ・・・・本日の米国は価格続伸のまま

明日から また 値下げです 米国の価格は 冬季を向えて上昇基調の様子 トルコも依然そのままの様子の情報ですが  今の時期に値下げが続くのは 商売の基本的原理が働いているのではないかな~ と  考えます。  商売は 需要と供給のバランス によって 営まれています

単純に 鋼材が 特に 電炉メーカーの大部分は 「建築材」を作っているから 日本国内での 需要が大きいのではないでしょうか?・・・・売れてないから 利益が追及 出来ないから 仕入れ金額を落として 在庫調整をし 様子見の状態に したのではないかな?

高炉メーカーは いわゆる 白もの、ハコものを作っています 自動車ボデーなどです。 ユーロが 90円、80円台になれば 輸出している企業は大打撃だと思います  世界中が モヤモヤ状態のなかで 日本はどこに 向かうのでしょうか?

本当に商売は難しい  2月、3月は 年度末です 色んな入札、見積もりなどの担当者から 「ため息」ばかり 聞こえてきます ホント 予想は難しいです

それと 製鉄所が 炉の補修工事に入る予定があります それも 値下げの原因の1つだと思いますが・・・・・・・・・・・。