私たちは神様に生かされている事を忘れてはいけない

昼間 みっちゃんから 聞かされた事を 伝えます

今年の3月11日の大震災の起きた 「階上中学校 卒業生 梶原祐太君」の答辞を ぜひ 皆 読むように・・と。

みっちゃんは 友人からこの話を聞き 原文を読んだそうです

インターネットでは 随分前から 流れていたそうで 今回の教育庁の作文で掲載され注目されているようだと いってました

内容は

この震災にあって 親も家族も友人も 亡くし 生活も一変した中での卒業式の「答辞」で   どんな苦境にあっても「天」を恨まず 運命に耐え

助け合って生きてきたい・・・・・・・

と 読まれています

何と 15歳の 青年に このような苦境を与えた神に どのような お考えがあったのでしょうか?

日本の国民は 生きてることに感謝して 日々 過ごせないといけない・・・・・・

ブタうさぎ・・・・・・・・こころに響くよね・・・生きることが重いです・・・