全国的に今朝の気温下がった

人間にも企業にも寒さを感じる。

【今朝の業界誌】
韓国向け商談停滞
米国国内メーカー操業率75%以上で推移していることから、大手シッパーの売り腰は俄然強気
東京製鐵 宇都宮工場▲1000円 九州工業▲500円

期待できる要素が何一つ記載されていない。強いて言えば復興需要の見込みのみ

当社が生き残る手段は何処にあるのか?
昨夜考えてみた…。色々頭の中で模索したが決定的なものが出てこない。

やはり、

今はじっとこの状況を把握し、我慢 我慢 の 時

そこでいつでも「打って出る」事が出来るように社内の充実を図る活動を心がけようと思う。

スタッフの教育

4事業部の営業形態の再考

何が起きても耐えしのげるような強靭な身体に会社がなるように努力したいです。